NEWS

【イベント告知】臨床CBDオイル研究会が4/17(日)CBD一般向けセミナーを開催! 医師が語るCBDオイルと健康の最前線

CONTENTS目次

【イベント告知】臨床CBDオイル研究会が4/17(日)CBD一般向けセミナーを開催! 医師が語るCBDオイルと健康の最前線

北欧発オーガニックCBDブランド「ENDOCA」を日本で展開する株式会社マセイナジャパン(代表:ヘンリー・ヴィンセンティ)が支援するCBD研究グループ「臨床CBDオイル研究会」は、2022年4月17日(日)に、ヘルスケアセミナーを東京都千代田区有楽町にて開催致します。

CBDオイルと健康の最前線と題し、現場で使用する医師だからこそ分かるお話しを存分に聴くことが可能です。

■セミナー申込みサイト https://3939-imh.peatix.com/view

JCCMヘルスケア実践セミナーについて

CBDオイルに興味があるすべての人たちに向けた臨床CBDオイル研究会の一般向けセミナーです。

CBDオイルとは、精神作用ため日本で規制されているTHCを含まない、大麻草の茎と種からの抽出物です。生理活性物質により、不眠や疼痛、嘔吐、抗てんかん作用、免疫調整作用、抗炎症などに対して効果を持つことが確認されています。

CBDオイルの基礎から一般的な疾患、難病、健康維持、美容まで、幅広くお伝えします。本セミナーでは、臨床CBDオイル研究会特別顧問である柳澤厚生氏、同研究会代表の飯塚浩氏をはじめ、現場で使用する医師が登壇します。臨床現場の医師だからこそ語れる内容を存分に聴くことができるだけでなく、参加者の方から直接質問できる機会も設けています。

セミナー概要とプログラム

日時:2022年4月17日(日) 13:00~16:15(12時30分会場)
場所:千代田区有楽町2丁目10−1 東京交通会館
アクセス:JR 線・地下鉄:有楽町駅 徒歩1分

参加費用:5,000円(税込み)
申し込み方法:Peatix申し込み https://peatix.com/sales/event/3198794/tickets
申込期日:2022年4月16日(土)

登壇者:
柳澤厚生氏(国際オーソモレキュラー医学会会長)
飯塚浩氏(臨床CBD オイル研究会代表)
中村篤史氏(ナカムラクリニック院長)
岩本麻奈氏(グランプロクリニック銀座 理事長、ナチュラルハーモニークリニック表参道 副院長)

臨床CBDオイル研究会 登壇者プロフィール

特別顧問 柳澤厚生氏


国際オーソモレキュラー医学会会長(カナダ)
日本オーソモレキュラー医学会 代表理事
柳澤医新塾塾長
点滴療法研究会会長

1985年 米国ジェファーソン医科大学リサーチフェロー
1995年 杏林大学医学部内科助教授
2000年 杏林大学保健学部救急救命学科教授
日本コーチ協会会長(〜2004)
2008年 国際統合医療教育センター所長
2012年 国際オーソモレキュラー医学会会長(カナダ)
2015年 事業構想大学院大学研究所客員教授(〜2017)
2018年 国際オーソモレキュラー医学会第47回世界大会(東京開催)会長
2019年 日本オーソモレキュラー医学会第1回総会 会長

【受賞歴】
国際オーソモレキュラー医学会殿堂入り (2011年カナダ)
アントワーヌ・ベシャン賞 (2014年フランス)
パールメーカー賞 (2014年アメリカ)
世界神経療法会議最優秀アカデミー会員 (2016年エクアドル)

代表 飯塚浩氏

メディカルストレスケア飯塚クリニック 院長
臨床CBDオイル研究会 代表
PAPT(新頭鍼療法)研究会理事
精神科専門医、医学博士

 鳥取大学医学部精神神経医学部教室に入局後、難治性うつ病、躁うつ病を中心とした臨床研究に従事。一方で、漢方や鍼灸などの東洋医学的治療や心理療法などにも傾注。
 1996年より家族機能研究所・さいとうクリニック(東京都港区)において、ドメスティック・バイオレンス、児童虐待、家庭内暴力などの家庭問題、アルコール薬物問題、摂食障害、ギャンブルなど多数の嗜癖問題、災害や犯罪被害によるPTSDなどの問題の臨床と研究に同クリニック副院長として取り組む。
 1999年より鳥取大学医学部附属病院外来医長、同大学病院心理療法室・室長として勤務する傍ら、家族臨床研究所を設立。山陰家族臨床研究会、家族臨床講座などを通して専門職への情報発信を行う。また一般の人に向けては、山陰中央新報、新日本海新聞、山陰経済新聞などにて連載を介して、虐待や依存症、家庭問題などについての啓蒙活動を行う。
 2001年4月よりメディカルストレスケア飯塚クリニックを開院。家族歴や体質、心理テスト所見などを手がかりとしたより効果的な精神科薬物療法や漢方治療の洗練、生活療法などの工夫を繰り返した。
 2012年より分子整合栄養医学的なアプローチを取り入れた治療を始め、主に医療専門家を対象とした講演・セミナーなどを行い、栄養療法の普及に努める。その後も画期的な効果を発揮する鍼治療であるPAPT(新頭鍼療法)やカンナビノイド医療の実践も行っていた。
 2018年、カンナビノイド医療の普及を目指し「臨床CBDオイル研究会」を30余名の医師・歯科医師らと設立。普及の妨げとなっていた国内臨床情報の共有と最高品質のブロードスペクトラムCBDオイルの供給を行った。
 薬物療法はあくまで救急医療的なものと位置づけ、栄養、運動、睡眠、マインドセットなどを整え、「真の健康」を目指し、役立つ手法は何でも取り入れるというスタンスで治療を行っている。


【メディア出演】
・ 平成12年~山陰中央新報、日本海新聞、山陰経済新聞などに約5年にわたって連載
・ 平成19年10月30日号 心を救ってくれる「うつ」の名医32人(女性自身)
・ 平成19年11月24日号 “頼りになる” 医療機関170施設(週刊ダイヤモンド)


【著書・原著論文】
・児童虐待(臨床編).金剛出版.1998 分著
・難治性うつ病に対するコンチゾール生合成阻害剤の臨床応用.日本神経精神薬理学雑誌1996
・難治性うつ病者における視床下部-下垂体-副腎皮質系機能に関する研究 米子医学雑誌 1996
・うつ病者の治療経過における視床下部-下垂体-副腎皮質系(HPA)機能に関する研究
 ―CRP試験を通してー ACTH RELATED PEPTIDE 7,CRH-ACTH研究会  1996
・アルコールと家族問題 日本臨床 1997
・現代日本における嗜癖の蔓延とその生物学的視察.アルコール依存とアディクション 1997
・アディクション治療とSSRI アルコール依存とアディクション 2003年   など

ボードメンバー 中村篤史氏

ナカムラクリニック 院長

【著書】
翻訳本:「オーソモレキュラー医学入門」論創社より
連載:「安心」マキノ出版にて「食べて治すヒミツの医学」を掲載中

ボードメンバー 岩本麻奈氏

一般社団法人・日本コスメティック協会・名誉理事長
一般社団法人・国際臨床再生医療学会・学術顧問
一般財団法人・内面美容医学財団・学術理事
一般社団法人・日本ウェルエイジング検定協会 理事
国際アンチエイジング美容医療協会・顧問
Laboratoire ODOST France 国際顧問
株式会社・プロラボホールディングス・医学顧問
グランプロメディカルスパRHA・医学顧問
巡活®マッサージ・スーパーバイザー
グランプロクリニック銀座・理事
銀座TSUBAKIクリニック・院長
ナチュラルハーモニークリニック表参道・顧問医師

東京女子医科大学卒。慶応大学医学部皮膚科教室での研修後、済生会中央病院、日野市立病院等勤務。1997年に南仏へ、2000年より2017年までパリ在住。美容皮膚科学、抗老化医学の他、アロマテラピー・フィトテラピーなど、ハーブを用いた自然療法・予防医学を積極的に学ぶ。同時にEU圏の大手製薬会社やコスメ・メーカーのアドバイザーに就任。2017年から20年までプノンペン在住。2020年春に帰国、以来日本の美容クリニックの院長、複数の再生医療クリニックのコンサルタントを務める傍ら、コスメプロデューサー、美容ジャーナリストとしても活躍。

【著書】
著作は「パリのマダムに生涯恋愛現役の秘訣を学ぶ」「生涯男性現役」(ディスカヴァー21)「フランスの教育・子育てから学ぶ 、人生に消しゴムを使わない生き方」(日本経済新聞出版社)など多数。

臨床CBDオイル研究会とは

カンナビノイド(CBDオイル)の臨床知見を情報交換するための研究会です。日本におけるCBDオイルの臨床利用を促進させることを決意し、CBDオイルによる治療を実践する医師・歯科医師が起ち上げ、2020年9月より獣医師の入会も可能となりました。

多数の病態に非常に多くの効能をもつカンナビノイドの正しい知識の啓蒙と適正な使用の普及を推進し、医療及び人々の健康全般に貢献することを目的としています。現在、350名超のドクターが在籍する日本最大のカンナビノイド医療の団体です。

研究会では以下の条件が整ったオイルを推奨しており、研究会の会員には、条件に完全に合致する高品質のCBDオイルとして、ENDOCAドクターズラインのCBDオイルが提供されています。

1.《ブロードスペクトラム》であること
2.服薬に支障がない範囲で高濃度であること
3.完全オーガニックな製品で、農薬や重金属などが一切検出されないこと
4.国際的な薬品の生産品質規範であるGMP(Good Manufacturing Practices)や食品製造の安全性基準であるHACCEPなどを取得しており、生産過程が信頼できる。
5.THC成分の検出などにより税関で止まることがない万全の検査体制であること
6.継続可能な価格であること

■臨床CBDオイル研究会 https://cbd-info.jp/

医療機関向けCBDオイル製品

■ENDOCAドクターズライン

ENDOCAでは、医療機関や医療従事者に向けて、一般向けとは異なるドクターズラインを提供しています。

ドクターズラインでは、現地の科学者がCBD ヘンプオイルを栽培する畑に含まれるミネラルやテルペン類、オメガ酸などの成分においてNMR(核磁気共鳴)装置を使いプロファイリングをし、CBD以外の成分もより厳格に管理し、選定しています。ドクターズラインは、一般向けのENDOCAラベル同様にGMP認証を受けた工場にて生産されています。

会社概要とプレスリリースお問い合わせ先

株式会社マセイナジャパン
代表取締役 ヘンリー・ヴィンセンティ
HP:https://endoca.co.jp/
Instagram:https://www.instagram.com/endoca_japan/
Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCT5b0HXzwiKOQAdnxZaIYfg 

■プレスリリースお問い合わせ先
担当:大久保
Mail:info@endoca.co.jp
Tel: 0467-33-5678