BLOG

COP26で新たに設定された目標とは?脱石油社会は実現されるのか。

ENDOCAは循環型社会の実現を目指し、気候変動や資源枯渇問題といった社会課題についても皆さんと一緒に考え議論していきたいと思っています。

一年の延期を経て、10月31日〜11月13日にイギリス・グラスゴーで開催された「COP26」。約130カ国の首脳や政府代表が参加したこの会議、皆さんはどんなところに注目していたでしょうか?

「COP26」とは?

「国連気候変動枠組条約第26回締約国会議」の英語の頭文字を取った略語。年々上昇する地球の温度、それに伴う海面上昇や森林破壊などにより、地球上に住むさまざまな生き物の生存が危うくなっている現状を前に、国際社会がどのような対策をとるのか、話し合うための会議とされています。

注目を集めたのは……

地球温暖化の原因となっている「温室効果ガス」の排出量を減らしつつ、すでに排出した分を森林などに吸収させたり除去したりすることで、実質的な排出量をゼロにする、いわゆる「ネットゼロ」を2050年までに実現する必要性が、気候変動の専門家たちから求められています。
 
各国は、パリ協定で掲げられた目標(世界の気温上昇を産業革命以前に比べて2度より充分低く保ち、1.5度に抑える努力をする)達成に向けて、温室効果ガス排出量削減目標や国内対策の実施を進めていますが、気候危機はますます顕在化しています。今回のCOP26直前に発表された国連報告書においては、各国がそれぞれ掲げる2030年排出量削減目標を達成したとしても、世界の平均気温は2.7度上昇してしまう、と警鐘が鳴らされました。
 
そこで、明らかに足りていない各国の取り組み強化と目標の見直し、また日本においては石炭火力発電の廃止にどう対応していくのか、といったことが特に注目されていたように思います。

なかなか決着がつかない各国の対策案。COP26の結果は?

・パリ協定では気温上昇を2度未満に保ち、1.5度は努力目標とされていましたが、「世界の平均気温の上昇を1.5度に抑える努力を追求する」と成果文書に明記され、世界の新たな共通目標が設定されました。
 
・石炭火力発電所に関しては、先進国では2030年までに、途上国については2040年までに段階的「廃止」にしていくべきだというイギリスを始め複数国の主張があったものの、インドなどの反発があり段階的「削減」と、文書の表現が弱められる結果となりました
 
・日本はというと、気候変動に取り組む世界130カ国の1500を超えるNGOのネットワーク「CANインターナショナル」が、その日の国際交渉の中で、温暖化対策に消極的だった国に与える不名誉な賞「化石賞」を受賞しました。これは、首脳級会合に登壇した岸田首相が、水素やアンモニアを利用した「火力発電のゼロ・エミッション化」の名の下に、石炭をはじめとした火力発電所の推進について述べたことが理由にあるようです。
 
今回のCOPには、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥーンベリさんをきっかけに始まった「Fridays For Future(未来のための金曜日)」の日本組織から高校生と大学生計5人が参加するなど、国境を超えた若い力にも注目が集まりましたね。さまざまな議論の中で、進歩が見られたこともそうでないこともありましたが、今回採択された目標を達成するためには国と企業はもちろん、ジェネレーションや国籍を問わず一人ひとりが強い意志を持って行動・選択する必要性を多くの人が感じる機会になったのではないでしょうか。

ENDOCA Japanの地球を大切にする取り組み

ENDOCAは、脱石油依存社会の実現、そして100%自然循環の中でビジネスを構築できることを証明するため、さまざまな活動を行なっています。日本支社であるENDOCA Japanでは、持続可能な社会の実現に向けてこのような取り組みをしています。

・ショップ&オフィスは再生可能エネルギーを選択

鎌倉山にあるENDOCA SHOPと私たちのオフィスでは、日本国内の厳選した再エネ発電所と契約している「みんな電力」を使っています。脱石油依存社会に向けて、まずは石油に頼らないエネルギー供給という選択を。みんな電力のオウンドメディア「TADORi」では、同じ志を持つ企業としてENDOCAを記事にしてくれました!ディレクターのサトシがCBDやヘンプの神秘について詳しく語っているので、ぜひご覧下さい。>>「TADORi」によるENDOCAインタビュー記事はこちら

・商品の容器や梱包材は脱プラを目標に

ENDOCAのオイルやカプセル、ボディバターの容器はリサイクル可能なビンを(フタはプラスチックを使用しています)、ガムの包装は紙を、そして皆さんの手元に商品をお送りするときには、土に還る再生紙を梱包材として利用しています。

・健康的で、長く使える空間を作る

もともとパン屋だった建物を生まれ変わらせたENDOCA SHOP。できるだけ自然に近い状態に近づけるため、壁は漆喰で塗られ、壁の中にはCBDの原料となるヘンプチップを埋め込みました。内装には泥を原料としたペンキを使い、床の色の調整にはヘンプチャコール(炭)を用いています。できる限り化学物質を使わない“呼吸する家”を表現しています。

心地いい風が吹くENDOCA SHOPではご予約頂いたお客様に、一人ひとり対面でお話を伺いながら製品を提案するコンサルテーションを行なっています。CBDのご相談を兼ねて、ぜひショップの様子も見ていただけると嬉しいです!

ENDOCA SHOPの詳細・ご予約はこちらから>>https://endoca.co.jp/kamakurashop/